介護福祉士実務者研修

介護職員基礎研修と実務者研修との違いについて

監修者シカトル編集部
公開日
更新日

実務者研修お得に取れます!

シカトルなら
こんな
実務者研修の講座資料が届きます

  • 受講料が無料

  • 割引キャンペーン

  • 助成金 ・ 給付金対象

\ カンタン1分で入力 /

無料で資料をもらう

※お住まいの地域によってはお取り扱いがない場合がございます。

介護職として働く人の中には、介護職員基礎研修を修了している人も多いでしょう。この介護職員基礎研修は2012年度で廃止され、2013年度からは実務者研修という資格制度になっています。

「介護職員基礎研修は今でも使えるの?」「これからキャリアアップを目指す時にどうすれば良いの?」と疑問をお持ちの人もいるでしょう。

この記事では、介護職員基礎研修の取扱いについて詳しくご紹介しますので、介護職員基礎研修を修了している人は、ぜひご一読ください。

介護職員基礎研修とは?

介護職員基礎研修は、介護の仕事に従事する人材を確保するとともに、介護職員の専門性を高め、介護サービスの質の確保・向上を図るための研修として、2006年度に創設されました。介護職員基礎研修を修了した人は、介護老人福祉施設等の介護職員や訪問介護事業所のホームヘルパーサービス提供責任者として活躍しています。

介護職員基礎研修の内容

介護職員基礎研修は講義・演習が360時間実習が140時間合計500時間の受講時間となっていました。具体的なカリキュラムと受講時間は以下をご覧ください。

基礎理解とその展開 360時間
(1)生活支援の理念と介護における尊厳の理解 30時間
(2)老人、障害者等が活用する制度及びサービスの理解 30時間
(3)老人、障害者等の疾病、障害等に関する理解 30時間
(4)認知症の理解 30時間
(5)介護におけるコミュニケーションと介護技術 90時間
(6)生活支援と家事援助技術 30時間
(7)医療及び介護を提供する者との連携 30時間
(8)介護における社会福祉援助技術 30時間
(9)生活支援のためのアセスメントと計画 30時間
(10)介護職員の倫理と職務 30時間

実習 140時間
(1)事前演習

(2)実習

  • 施設・居住型実習
  • 通所・小規模多機能型実習
  • 訪問介護実習
  • 地域の社会資源実習

(3)事後演習

※1 各都道府県要綱によって、受講時間数が増減される場合があります。
※2 訪問介護員以外の資格でも免除される場合があります。
※3 実務経験の換算方式は介護の業務に従事した期間が通算365日以上でありかつ現に就労した日数が180日以上である場合に、1年以上の実務経験があるとみなされます。詳しくは最寄りの支部へお問い合わせ下さい。
※4 実務経験1年以上の者が、介護福祉士試験を受験するために「介護技術講習会」を修了した場合は、「介護におけるコミュニケーションと介護技術」の受講を免除されます。

参考:厚生労働省老健局「介護職員基礎研修について」

このように長時間の受講が必要になっていますが、訪問介護員養成研修過程(ホームヘルパー1級・2級)修了者や1年以上の実務経験者は、一部の科目や実習の受講が免除されるので、多くの人が受講していました。

介護職員基礎研修は現在有効なのか?

介護職員基礎研修は、2012年度に廃止されていますが、現在でも介護職として働く上では有効です。訪問介護事業所のホームヘルパー及びサービス提供責任者の任用要件を満たすことができます。

介護職員基礎研修と実務者研修の違い

介護職員基礎研修が廃止され、2013年度から新たに「実務者研修」の資格制度が施行されています。それでは、介護職員基礎研修と実務者研修は何が違うのでしょうか?
介護職員基礎研修と実務者研修の違いとして、「介護福祉士の受験資格になるかどうか」と「カリキュラム」が挙げられます。

【介護福祉士の受験資格になるかどうか】

現在、国家資格である介護福祉士を実務経験から受験するためには、「実務経験3年以上+実務者研修修了」を満たす必要があります。
介護職員基礎研修を修了している人は科目免除を利用して実務者研修を修了しなければ、介護福祉士を受験することができなくなっています。

介護福祉士とは?受験資格や試験、取り方をご紹介

【カリキュラム】

カリキュラムにも違いがあります。これは、資格制度変更の背景として、介護福祉士が介護の専門職として必要になる知識・技術を習得するためのカリキュラムとして見直しがされています。
特に、介護職員基礎研修にあった実習がなくなり、実務者研修では新たに「医療的ケア」の学習内容が追加された点に違いがあります。
また、カリキュラムが変わったことで、受講時間や受講期間にも違いがあります。介護職員基礎研修は受講時間500時間、受講期間約1年ですが、実務者研修は受講時間450時間受講期間約6ヵ月となっています。

これから介護福祉士を目指すには?

先ほども説明していますが、介護職基礎研修を修了している人が国家資格である介護福祉士を目指すには、「実務経験3年以上」を満たした上で、「実務者研修の修了」を満たさなくてはいけません。
ここで、実務者研修と喀痰吸引等研修を比較すると、実務者研修の方が全国各地の資格のスクールで実施されているため受講しやすい環境だと言えるでしょう。
実務者研修でも、他の介護の資格を取得していることで一部の科目が受講免除となります。その中でも特に介護職員基礎研修を修了している人は、「医療的ケア」と「医療的ケアの演習」を受講することで、実務者研修を修了できます。受講時間が短いことで、受講費用の負担も少なくなりますので、ぜひ実務者研修を受講しましょう。
実務者研修の医療的ケアの演習では、通学してシミュレーターを使用した演習を行います。そのため、受講するスクールは通学できる場所にあるスクールを選ぶ必要があります。弊社の運営する介護の資格スクールの資料を一括請求できる『シカトル』では、簡単にお近くのスクールの資料をまとめて請求できるので便利です。ぜひご利用ください。

まとめ

介護職員基礎研修は資格制度としては廃止されていますが、介護職として働く上では有効な資格です。しかし、介護業界でのキャリアアップを考えている人には「介護福祉士の受験資格にならない」ということに注意していただき、余裕を持って受験資格を満たすための研修を受講していただきたいと思います。
この記事でご紹介した内容が、皆さんの介護職としてのキャリアアップの一助になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

介護福祉士実務者研修とは?資格の取得方法やメリット、講座の選び方

資料請求フォーム

希望するスクールのエリア
Select...
エラー
ご住所
お名前
ご連絡先
電話番号の打ち間違えにご注意ください
利用規約
シカトル編集部

この記事の監修者

シカトル編集部

資格スクールを選べる比較サイト『シカトル』の編集部です。
介護、医療、福祉の資格を中心に、皆さんが知りたい・気になる情報やお役立ち情報をお届けします。